リフォームの基礎知識

建て替え費用を安くするなら解体工事は分離発注がお得

古くなったお家のリフォームをやめて、いっそのこと建て替えを検討される方も多くいらっしゃいます。
お家の建て替えには古くなった旧家の解体工事が必要になりますが、この解体工事に分離発注方式を用いることで解体費用を20%も安くすることができます。

分離発注方式とは、工務店や建築会社に一括で依頼する工事を大工や左官、水道工事、電気工事など各専門業者ごとに施主が直接工事の発注を行うことを指します。
分離発注方式を採用することで得られるメリットとしては、各工事費用の明細が明確になることや、元請けに一括で工事を依頼したときに比べて中間マージンが発生しないためその分総費用が安くできる点があげられます。
ただしデメリットもあり、各専門業者のスケジュール管理や工事管理を施主自身が行わなければならない事や、責任の所在が不明確になりやすいため瑕疵があった場合の保証の面、融資が受けにくいといった側面もあります。
しかし、建て替えの場合の解体工事のみであれば一旦更地に戻すため、そのような問題も起こりにくいのです。

建造物の建て替え工事は、一式という形で建築会社やハウスメーカー等に解体工事も依頼されるのが一般的です。
この場合、元請けである建築会社やハウスメーカーは地元の解体業者に解体工事の依頼をします。
その際、解体工事を紹介したことで元請けに紹介料という中間マージンが発生するのです。
解体工事の中間マージンは一般的に20%程度です。
例えば元請けに依頼すると100万円の解体費用が、分離発注方式で直接解体業者に依頼すると80万円で解体できるという計算になります。

このように分離発注方式というとなかなか敷居が高く、手が出しにくい方法ではありますが解体だけに限ってみると、実は大変お得な方法なのです。

 

-リフォームの基礎知識

お悩み一覧 疑問・要望にすべてお応えします お問合せはこちら

リフォーム対応エリア

鳥取県

米子市・倉吉市・境港市

西伯郡大山町・西伯郡伯耆町・佐伯郡南部町・西伯郡江府町・西伯郡日野町・西伯郡日南町・西伯郡日吉津村

島根県

安来市・松江市・雲南市・出雲市

仁多郡奥出雲町

関連記事

no image

リフォームは築何年でしたら良い?目安のタイミングとは

住んでいる家が古くなってきて設備の調子が悪い。痛みや汚れが気になる。 リフォームを検討しているけど、まだ大丈夫なんじゃないか…と素人では判断できないリフォームのタイミング。 ここでは一般的なリフォーム …

no image

住宅リフォームの減税制度

住まいのリフォームを行う場合、その工事の内容・条件によっては減税制度を利用することができます。節税対策としてぜひとも知っておきたい制度ですよね。 以下はリフォームの減税制度について説明していきます。 …

no image

エコリフォームで省エネ生活

気候や環境に合わせてリフォームすることや、自然の力を利用することで光熱費を節約することができます。 日当たりの良い環境であれば、太陽光発電システムを採用することで電気代を賄うことができますし、外壁や窓 …

no image

リフォームにかかる税金等その他諸経費

リフォームには工事費用の他にさまざまな諸経費が必要です。リフォーム契約をするとき、ローンを組むとき、親から資金の援助を受けるときなどさまざまなシーンで税金・手数料といった諸経費がかかります。これらの税 …

no image

専門用語集|カ行

「コージェネレーションシステム」 コージェネレーションシステムとは、排熱する熱源などを利用し電力や熱を生産するシステム。