建物の基礎知識

リフォームしやすい建物の構造・工法とは

建物の構造・工法には様々な種類がありますが、リフォームを行う際、対象となる建物がどのような構造・工法なのか事前に知っておく必要があります。なぜならリフォームしやすい構造・工法とリフォームしにくいものがあるからです。

構造・工法によっては間取りや、レイアウト、窓や玄関等の開口部の変更ができない工法があったり、工事店によっては構造上の知識を持ち合わせていないため、一方的に断られてしまう場合があります。

特にリフォーム目的で中古物件を購入したが、実はリフォームできない建築工法だった、なんてことになっては困りますよね。

構造・工法ごとのリフォームの容易さは以下の通りです。

構造 工法 リフォームの容易さ
木造 木造軸組工法
(在来工法)
木質ラーメン構造
2×4工法
(2×6工法、2×8工法など)
S造
(鉄骨構造)
軽量鉄骨軸組工法
軽量鉄骨ラーメン構造
RC造
(鉄骨コンクリート造)
鉄筋コンクリート壁式工法
鉄筋コンクリートラーメン工法
プレキャストコンクリート工法

このページではそれぞれの構造・工法について説明していきます。

木造

国内で建築されている一般的な低層住宅のほとんどが木造です。

木造にも在来工法(ざいらいこうほう)と呼ばれる木造軸組み工法や木質ラーメン構造(もくしつらーめんこうぞう)、さらに2×4工法(つーばいふぉーこうほう)があります。

木造軸組工法(在来工法)

木造軸組工法(もくぞうじくぐみこうほう)とは柱と梁(はり)、土台を木の軸組(じくぐみ)で構成し、壁や屋根などの荷重を支える工法であるため設計の自由度が高く、増改築等のリフォームが容易なのが特長です。

また、在来工法(ざいらいこうほう)とも呼ばれる日本古来からの伝統工法であるため、どの工事店に依頼しても対応してもらえる安心感があります。

接合の方法として以前から仕口(しぐち)や継手(つぎて)など、ほぞ・ほぞ穴を利用したさまざまな工法が用いられてきましたが、建築基準法の改定による耐震性能向上のため、現代では取り付け金物(接合金物)をあわせて使うことにより強度を増してきています。

水平方向へのチカラに対しては、壁に筋交い(すじかい)、梁・土台・桁(けた)には火打ち等の斜め材を入れて安定させます。

接合金物

伝統工法では柱を切り抜いたほぞ穴に、先端を細く加工した梁を差し込む構造であるため地震への耐久性が心配されてきましたが、金物を接合部分に使用することで建築の品質向上と施工の合理化を同時に実現しています。

木質ラーメン工法

木質ラーメン工法(もくしつらーめんこうほう)とは、耐力壁(たいりょくかべ/たいりょくへき)を用いないので大開口・大空間を実現でき、間取りの自由度が高くリフォームしやすい工法です。

柱と梁の強度を高めて、耐力壁(たいりょくかべ/たいりょくへき)を用いずに構造耐力(こうぞうたいりょく)を確保する構造のことを言います。

「木造建築は2階まで」というのが建築業界のこれまでの定説でしたが、木質ラーメン工法の登場によって木造でも3階建ての建築が可能になりました。

ちなみにラーメンとはドイツ語で「枠組み」・「フレーム」という意味です。

2×4工法

耐震性、気密性といった性能を持つ建築工法である一方、リフォームしにくいと言われるのが2×4工法(つーばいふぉーこうほう)です。

2×4工法とは、枠組材(2インチ×4インチ)と構造用面材によって、6面体(床・壁・天井)を構成させ全荷重を木質の耐力壁で支える工法です。

丈夫で歪みにくい6面体の箱型工法であるため、耐震性能に非常に優れ、耐熱性能や気密性能を確保しやすいという点が特長です。

しかし面で構成されているため、大きな開口部を設けたり、角部分の開口部を確保することが難しく、増改築の際に撤去できる壁が制限されてしまいます。

その他にも2×6工法、2×8工法などがあります。

S造(Reinforced-Steel 鉄骨構造)

中層の商業ビルや集合住宅、併用住宅等に多く用いられるのがS造(えすぞう)、またの呼び名を鉄骨構造(てっこつこうぞう)と言います。

鉄骨構造の工法は、鋼材が軽量鋼材の軽量鉄骨構造で主に低層の専用住宅に用いられます。鋼材の強度が大きく工業製品であるため品質が高い重量鉄骨構造は主に中層の商業ビルやです集合住宅、併用住宅に用いられます

鋼材は強度が大きく、工業製品であるため品質が安定しており、構造住宅としては大変優れています。しかしその一方で熱と錆に弱く、防錆(ぼうさび)処理と耐火被覆を適切に行わないと、強度が低下してしまうという特徴があります。

軽量鉄骨軸組工法

軽量鉄骨軸組工法(けいりょうてっこつじくぐみこうほう)とは、軽量形鋼材で柱・梁・土台等の架構をつくる工法で、木造軸組工法と同様に比較的リフォームしやすい工法と言えます。

地震や風による水平方向の外からの力から建物を守るために、筋交いといわれるプレースが必要となります。

重量鉄骨ラーメン工法

重量鉄骨ラーメン工法(じゅうりょうてっこつらーめんこうほう)は、柱と梁のみで構成される工法のため、大空間を確保したり内部の間仕切り変更が容易にできます。

重量形鋼材の柱をアンカーボルトで基礎に固定した後、梁を架けてボルトで緊結し接合部を固める工法です。

RC造(Reinforced Concrete 鉄骨コンクリート構造)

鉄骨コンクリート構造は、圧縮力に強いコンクリートと引張力に強い鉄筋、それぞれの長所を組み合わせた構造です。

耐震性、耐火性、耐久性に優れ、自由度の高い設計が可能という特長があります。

しかし、構造上の重量が大きいため、荷重を支えるための支持基盤が必要になります。

鉄筋コンクリート壁式工法

柱や梁を設けない構造のため、室内に柱型や梁型が見えないため、大空間が実現できるというメリットがあります。

しかし、建物の重量を耐力壁で支えるために間取りやレイアウトの変更、窓などの開口部の変更といったリフォームが難しいデメリットもあります。

主に低層の戸建て住宅に用いられる工法です。

鉄筋コンクリートラーメン工法

鉄筋コンクリートの柱と梁で構成される工法。

木質ラーメン工法同様に耐力壁を設けないため、設計の自由度が高く広い開口部や大空間も可能です。

最もリフォームしやすい工法と言えるでしょう。

プレキャストコンクリート工法

工場で生産されたコンクリートパネル(PC板)を組み合わせて建物を構成する工法です。

RC造版のパレハブ住宅。柱や梁がなく耐力壁が荷重を支える構造のため、開口部や間取りのリフォームを行う際には、構造計算の知識が必要となります。

-建物の基礎知識

お悩み一覧 疑問・要望にすべてお応えします お問合せはこちら

リフォーム対応エリア

鳥取県

米子市・倉吉市・境港市

西伯郡大山町・西伯郡伯耆町・佐伯郡南部町・西伯郡江府町・西伯郡日野町・西伯郡日南町・西伯郡日吉津村

島根県

安来市・松江市・雲南市・出雲市

仁多郡奥出雲町