キッチンリフォーム

壁付けキッチンを対面型キッチンにリフォームする時の注意点

現在では、キッチンリフォームと言えば対面型が主流です。実際、昔ながらの壁付け型キッチンを、対面型キッチンに変更するリフォームは驚くほど多いです。このページでは、壁付け型キッチンを対面型キッチンにリフォームする際の注意点について説明していきたいと思います。

対面型キッチンが人気の理由

なぜ、対面型キッチンが人気なのかというと、圧倒的な理由として家族とのコミュニケーションがあげられます。昔ながらの壁付け型キッチンですと、リビングでくつろぐ家族をしり目に壁に向かって黙々と調理や方付けをしなくてはならなかったのですが、対面型キッチンに変更することで調理や方付けをしながら家族とのコミュニケーションを図ることができるのです。さらに小さなお子さんがおられるご家庭では、お子さんの様子を見ながら作業ができるという点もあげられます。

壁付け型キッチンを対面型キッチンにリフォームする際の注意点

このように人気の対面型キッチンですが、リフォームする際には以下の2点の注意点があります。

  1. 配置計画
  2. 設備計画

配置計画

配置計画とは、壁付けキッチンですと壁面にL字型あるいはI型に据え付けられた状態であるため、間取りを気にする必要はそこまでありませんでした。しかし対面型キッチンになると、離れた調理台や洗浄スペースなどが必要となり、壁付け型キッチンに比べてキッチンの占める面積を大幅に広くする必要があります。特に食卓と隣り合わせのキッチンの場合、食卓部分の間取りを大きく削らなくてはならなくなり、間取りの変更が必要になります。

食卓部分と調理部分のバランスを取ることが難しいといった点があげられます。

設備計画

2つ目は設備という点です。キッチンですので当然、排水管や給水管、さらに給湯管といった配管設備、ガス器具等の設備工事が必要となります。これまで壁面にあったこれらの設備を移動する必要がありますので、大掛かりになります。

キッチンが1階の場合ですと、床下を開けて配管等の設備工事をすることが容易にできるのですが、2階にキッチンを移動する場合やマンションの場合には注意が必要です。これまで1階にあった配管を2階まで引っ張る工事が必要になり、配管が通るスペースを作らなくてはならないからです。さらに、マンションの場合ですと床下を開けることすらできません。その場合はこれまでの壁付け型キッチンから壁面をつたわせる工事が必要になったり、キッチンを20㎝程高くしてその下を配管を通すといった工事が必要となるのです。

まとめ

大変人気のある対面型キッチンですが、キッチンスペースの確保や配管設備等の注意事項があります。キッチンリフォームを失敗しないためにも入念な計画が必要となります。

-キッチンリフォーム

お悩み一覧 疑問・要望にすべてお応えします お問合せはこちら

リフォーム対応エリア

鳥取県

米子市・倉吉市・境港市

西伯郡大山町・西伯郡伯耆町・佐伯郡南部町・西伯郡江府町・西伯郡日野町・西伯郡日南町・西伯郡日吉津村

島根県

安来市・松江市・雲南市・出雲市

仁多郡奥出雲町

関連記事

失敗しないキッチンリフォーム|成功のポイント

近年、キッチンメーカーからは様々な種類のシステムキッチンが開発されています。収納力のあるものや機能性の高いもの、さらにデザインやカラーなどバリエーションも幅広く、消費者にとって多くの選択肢があります。 …