リフォームの基礎知識

リフォームは築何年でしたら良い?目安のタイミングとは

住んでいる家が古くなってきて設備の調子が悪い。痛みや汚れが気になる。
リフォームを検討しているけど、まだ大丈夫なんじゃないか…と素人では判断できないリフォームのタイミング。
ここでは一般的なリフォームをするタイミングの目安をご案内します。

屋根・外壁の塗装は10年毎

屋根や外壁は大切な家を紫外線・雨・風といった過酷な自然環境から24時間365日休みなく守ってくれる重要な箇所です。
そのため、ほんの少しの痛みでもほっておくと、雨漏りや浸水によって大切な家具や最悪の場合、柱や梁といった構造物にまで悪影響を与え大規模改修工事が必要になる場合がありますので、お早目の補修・改修をおすすめします。
外壁の場合は、コーキング現象やヒビ割れといった症状が見られる場合は外壁塗装のタイミングです。
また屋根の場合はなかなか見る機会も少なく傷んでいるかチェックするのも難しい箇所ですが、以下のチェック項目を見て当てはまる箇所がないか確認して下さい。

  • 釘が抜けている
  • 屋根の塗装がはがれている
  • コケやカビが生えている
  • ヒビわれている箇所がある
  • 色あせている

上記の項目でひとつでも当てはまる項目があった場合は早めに専門業者に相談することをおすすめします。
ちなみに屋根の履き替えは30年が目安です。

壁紙の張り替え目安は10年

壁紙は汚れが目立ってくると雰囲気も悪くなりますし、カビなども生えてきて衛生的にも良くありません。
特にタバコを吸われる場合は、黄ばみが早く目立ちます。
差し迫って緊急性が低い箇所ですが、壁紙を一新するとお部屋の印象がガラッと変わりますし、最近の壁紙は様々な機能がついていて掃除がしやすかったりするものもあります。

浴室・トイレなど水回りの交換目安は20年

浴室やトイレといった水回りの設備は、1ヵ所でも不調な箇所があれば他の箇所も補修の必要がある場合があります。
なぜならお風呂やトイレなどの水回りの設備は一般的に寿命が同じくらいのため、他の箇所もすぐにダメになる可能性が高いです。
不具合を我慢して生活するよりも、早めに対応した方がその後の生活がストレスなく快適に生活できる期間が長くなるというメリットもあります。

給湯器交換の目安は10年

給湯器が最近調子が悪いという場合、もしかしたら交換のサインかも知れません。
以下のような症状が出ている場合、給湯器の交換時期が迫っています。

  • 給湯温度が一定でない
  • 給湯器から異音がする・音が大きくなった
  • エラーコードが頻繁に出る
  • 給湯器の排気から煙
  • 湯張りの際、給湯温度が設定温度より低いあるいは高い

以上の症状は給湯器に寿命が近づいているサインです。
メーカー保証期間内であればメーカーの窓口に修理の連絡を入れる必要があります。

ただし、「給湯器部品の供給期限は製造終了から10年」と記載されている場合が多く、製造終了から10年を経過している場合は修理できる部品がない可能性があるということになります。
不完全燃焼などは大変危険なため、早急に修理対応もしくは交換されることをおすすめします。

まとめ

塗装や交換の目安時期

屋根・外壁 塗装の目安10年毎
※屋根の履き替え・外壁の張り替えは築30年が目安
壁紙 張り替え目安10年毎
バス・トイレ等の水回り 交換目安20年毎
給湯器 交換目安10年毎

塗装や交換の大まかな目安時期は上記の表の通りです。ただし、修繕を必要とする不具合や瑕疵が見られる場合は、リフォームのタイミングと言えるでしょう。特に給湯器の不具合のように安全性を脅かす不具合は、早急に修繕・交換の必要があります。

-リフォームの基礎知識

お悩み一覧 疑問・要望にすべてお応えします お問合せはこちら

リフォーム対応エリア

鳥取県

米子市・倉吉市・境港市

西伯郡大山町・西伯郡伯耆町・佐伯郡南部町・西伯郡江府町・西伯郡日野町・西伯郡日南町・西伯郡日吉津村

島根県

安来市・松江市・雲南市・出雲市

仁多郡奥出雲町

関連記事

no image

防犯リフォームの基礎知識

ニュースでは毎日のように犯罪に関する報道が流れています。 その中には、空き巣や強盗といった大切な財産を脅かす犯罪も含まれています。 「自分だけは大丈夫」といった根拠のない過信は、犯罪者に付け込まれる隙 …

no image

建て替え費用を安くするなら解体工事は分離発注がお得

古くなったお家のリフォームをやめて、いっそのこと建て替えを検討される方も多くいらっしゃいます。 お家の建て替えには古くなった旧家の解体工事が必要になりますが、この解体工事に分離発注方式を用いることで解 …

断熱リフォームの基礎知識

夏の暑い日、エアコンをつけてもなかなか部屋が涼しくならない。 冬の寒い季節には、電気代が高くなるばかりかいつも足元がスース―する。 そんな住宅への不満を解消するには、断熱リフォームの検討をおすすめしま …

no image

エコリフォームで省エネ生活

気候や環境に合わせてリフォームすることや、自然の力を利用することで光熱費を節約することができます。 日当たりの良い環境であれば、太陽光発電システムを採用することで電気代を賄うことができますし、外壁や窓 …

no image

耐震リフォームのすすめ方

世界的に見ても地震大国と言われる日本では、地震に対する備えが必要です。私たちが暮らす山陰地方でも鳥取県中部地震(2016年10月21日)、鳥取県西部地震(2000年10月6日)に見舞われ、この時の記憶 …