増築・減築リフォーム

ウッドデッキにはどの材料を選べば良いか?天然木?人口木?

ウッドデッキを増築したいと考えた時、誰でも必ずと言って良いほど悩まされるのが、ウッドデッキに用いる木の素材選びです。天然木が良いのか?人工木が良いのか?素人の方にはまったく分かりませんよね?このページでは、ウッドデッキに用いる木の素材について説明します。

天然木と人工木の違いとは(基礎知識)

ウッドデッキを作る際に使用する木材には、天然木と人工木があります。天然木とは自然の中で取れる素材であるのに対して、人工木とは加工されて生成された木材のことを言います。ここではまず、天然木について説明します。天然木の中には、大きく分けてソフトウッドとハードウッドの2種類があります。

ソフトウッドとは

では、それぞれどういった違いがあるのかと言いますと、ソフトウッドはやわらかいという特徴があります。やわらかいために加工がしやすいという大きなメリットがあります。代表的な木材は、桧(ひのき)や松、杉の木といったものがあげられます。ホームセンターなどにあるようなSPF材もソフトウッドに入ります。

ハードウッドとは

ハードウッドは名前の通り、非常に固い素材です。さらに重量があるため、プロでもこの素材を使って施工するには扱いにくいという特徴があります。代表的な材料の名前をあげると、ビリアン材、イペ材、アマゾンジャラ材などがあげられます。

人工木とは

ここまで天然木に関しての説明をしましたが、人工木について説明します。人工木とは、木粉とプラスチックを生成する際に用いられる樹脂を混ぜ合わせて人工的に作られた木材のことを言います。LIXIL(リクシル)やYKKAPなど大手建築会社から販売されているウッドデッキの商品などは、ほとんどがこの人工木で作られています。

風合い

ソフトウッド、ハードウッドともに木の質感、木目や節といった色合いがあり、自然な感じの風合いに仕上げることができます。一方、人工木は作られた木材ですので一枚一枚の木の個性はありません。すべて同じ風合いになってしまいます。そのため木のイメージはあまりありません。

風合いの良さ
ソフトウッド
ハードウッド
人工木 ×

メンテナンス

メンテナンスが容易であるということは、リフォームを行う上で重要なポイントです。ソフトウッドは1年に一回、最低でも2年に一回のメンテナンスを行わないと木材が腐ってしまいます。ソフトウッドのメンテナンス方法としては、防腐剤を塗布したり塗料を塗るという方法があります。

一方、ハードウッドはメンテナンスがほとんどいりません。耐久年数はなんのメンテナンスもなしに15~20年と言われています。人工木もハードウッドと同様にメンテナンスはほとんど必要ありません。

メンテナンスフリー
ソフトウッド ×
ハードウッド
人工木

経年変化

誰でもリフォームした時の状態をいつまでもキレイに保ちたいですよね。経年変化とは、時間が経つことによって色あせたり質感が変化したりすることを言います。ウッドデッキは屋外に設置されるため雨が降れば材料が水分を吸い込み膨張しますし、日差しを浴びれば乾燥して収縮します。これらの収縮・膨張を繰り返すことによってソリやヒビといった材料の劣化が起こるのです。

ソフトウッドは、どんなにメンテナンスをしていてもハードウッドや人工木と比較して時間が経つことによって劣化していきます。痛み方が大変早いです。ハードウッドは傷みや腐るといったことはありませんが、紫外線などによって色褪せてしまいます。一方、人工木はほとんど色褪せも腐食もありません。そのため、経年変化という点では天然木よりも優れています。

経年変化
ソフトウッド ×
ハードウッド
人工木

耐用年数

ソフトウッドは一年に一回のメンテナンスを行っても5年から8年と言われています。そのため、耐用年数は低いと言わざるを得ません。ハードウッドはメンテナンスフリーで、多少の色褪せはあるものの痛みはなく15年は軽くもちます。人工木の場合は、まだ開発されて10年程度しか経っていないため、ハッキリとは言えませんが耐用年数は10年程度と言われています。

耐用年数
ソフトウッド ×
(1年に1回のメンテナンスで5~8年)
ハードウッド
(メンテナンスフリーで15年はもつ)
人工木
(10年程度)

費用

ソフトウッドのメリットは費用が安いということです。使われる素材が非常に安く手に入れることができるという最大の特徴があります。一方、ハードウッドはその木材が非常に高価なため、費用面ではソフトウッドと比較して高くなってしまいます。人工木の場合は、キットがありますのでシンプルな形状ですとハードウッドとそんなに変わりませんが、例えば台形にしたりステップを余計に設けたりといったデザインを変更する場合は、専用のパーツが必要になりますのでハードウッド以上に割高になります。

費用
ソフトウッド
ハードウッド
人工木 ×

まとめ

いかがでしたでしょうか?以下に表にしてまとめましたのでウッドデッキ選びの参考にしてみてください。

風合い メンテナンス 経年変化 耐用年数 費用
ソフトウッド × × ×
ハードウッド
人工木 ×

 

-増築・減築リフォーム

お悩み一覧 疑問・要望にすべてお応えします お問合せはこちら

リフォーム対応エリア

鳥取県

米子市・倉吉市・境港市

西伯郡大山町・西伯郡伯耆町・佐伯郡南部町・西伯郡江府町・西伯郡日野町・西伯郡日南町・西伯郡日吉津村

島根県

安来市・松江市・雲南市・出雲市

仁多郡奥出雲町

関連記事

減築リフォームのメリット・デメリット

家族構成の変化など生活スタイルが変わったことによって、いらなくなった部屋や使わなくなったスペースを減らすリフォームのことを減築と言います。減築リフォームとは、足りなくなった部屋を増やしたり、手狭になっ …

サンルーム設置のメリット・デメリット

参照元:YKK AP サンルームを設置したら、あなたならどのように使いますか?自然光の中でのティータイム?明るい陽射しの中での読書? サンルームは洗濯物を干す場所以外にも様々な使用方法があります。 リ …